包茎

包茎の種類(真性包茎・カントン包茎・仮性包茎)と手術の価格や種類

もともと包茎は亀頭部に包皮がかぶっている状態をさします。この状態は冬などの寒いときなどでは誰にでもあることがあり決して特別に異常ではないのです。

 

日本人の6割以上が包茎だと言われています。
だからむしろ、包茎で悩んでいない方のほうが少ないと言えます。

 

なぜ悩むかは人によっていろいろ理由がありますが、
行為の時に恥ずかしいというのが多い理由に挙げられます。

 

彼女に指摘されて辛かったという方も多いではないかと思います。

 

包茎に対していろんな偏見は多いですが、基本的には包茎は病気ではありません。

 

特に仮性包茎はそのままでも生活にはほとんど支障をきたさないみたいです。

 

 

仮性包茎とは

 

通常時は亀頭に包皮がかぶっているが、勃起時や包皮を手で陰茎部の根元までたぐれば亀頭が簡単にでてくるものを仮性包茎と言います。

 

痛みが無ければさほど心配はありません。

 

しかし問題は包皮と亀頭の間に恥垢がたまり、これが原因でいろいろな病気を引き起こすことがあります。

 

性病にかかりやすいのも仮性包茎の特徴です。
主にかかりやすい病気はコンジロームと言われています。

 

現在の日本人男性の約6割がこの仮性包茎と言われています。

 

 

カントン包茎とは

 

カントン包茎とは包皮の口がとても狭く、亀頭が完全に包皮で覆い尽くされていて自分では亀頭を露出することができない状態を言います。

 

なので勃起時などには亀頭が締め付けられ多くの場合は痛みを伴います。

 

仮性包茎と違い自分では清潔に保てないので他の病気の発生率が高くなります。

 

まずは仮性包茎になるようにむく特訓するといいでしょう。

 

 

 

真性包茎とは

 

真性包茎とは、皮が常時亀頭をおおっているペニスのことをいいます。

 

仮性包茎と違い、真性包茎は、痛くて皮をむくことができません。

 

なぜならば皮と亀頭が癒着をおこしているのです。
無理して強引にむいたりすると、いわゆる、生皮をはがすのと同じ結果になります。

 

むいた跡が炎症を起こすなど、恐ろしい結果を招くので、決して、無理をしてまで皮をむかないでください。
真性包茎の場合、自然に治ることは無く包茎治療・包茎手術をしないと治りません。

 

真性包茎であると、射精しても包皮が邪魔をして 子宮に十分量の精子が行かないために、男性不妊の原因になります。

 

また、恥垢や精液が溜まり不衛生になる為に亀頭包皮炎を始めとする 感染症などになりやすくなっています。

 

不衛生な状態や感染症などになっている際の性行為はパートナーの女性の 不妊症の原因や子宮頚癌誘引を引き起こすとも言われています。

 

18歳くらいを過ぎても、全然剥けない真性包茎なのであれば 早めに包茎治療・包茎手術をする必要があります。

 

包茎を自分で治す方法

 

独自で包茎を直す手法として、今、最も利用されているのが包茎矯正研究会です。
マスコミやサイトでも取り上げられ、評判となっています。

 

これまでの方法であれば、包茎を治すのにも色んなデメリットがありました。

 

○包茎手術
・手術に失敗して性感が弱くなる可能性がある
・傷跡が目立つ
・保険証への記載から、家族や職場にバレる可能性がある

 

○包茎グッズ
・種類が多すぎてよくわからない
・自宅へ郵送されるので家族にバレる可能性がある
・グッズが合わないこともある

 

これらを全て解消する方法として人気を集めているのが包茎矯正研究会です。

 

・手術に失敗して性感が弱くなる可能性がある
 →包皮の切除などを一切行なわないため、性感が弱くなることは絶対ありませ
ん。

 

・傷跡が目立つ
 →手術ではなく、矯正ですので過去に包茎であったことはバレません

 

・保険証への記載から、家族や職場にバレる可能性がある
 →保険証などの利用は必要ありません。

 

・種類が多すぎてよくわからない
 →テキストと専門家サポートをしてくれるのは包茎矯正研究会のみです。
  また、最も人気のあるところなので安心して選べます。

 

・自宅へ郵送されるので家族にバレる可能性がある
 →インターネットでのデータ送信やメールでサポートが完結するのでバレませ
ん。(郵送を希望の場合は別途相談すればできることも?)

 

・グッズが合わないこともある
 →自分で10分で作れる方法を丁寧に教えてくれるので、自分に合っていて、
 しかも包茎グッズだとバレない形にすることができます。

 

包茎矯正研究会は1999年から続く信頼性と、これまでの実績からの自信を裏付ける「完全返金保障」を行っています。

 

96%以上の成功率となっており、ここ以上に徹底したサポート体制を作っている
ところは他にありません。

 

それに・・・ぶっちゃけたところ、万一うまく治らなければ返金保障を使って全
額返してもらっちゃえばいいわけです^^;

 

返金保障のついている今のうちのお申し込みがお得ですね!

 

真性包茎を自分で治す方法

 

真性包茎の人は、是非、最後まで読んで下さい。
あなたにとって、非常に貴重な内容が書いてあるはずです。

 

 

「真性包茎は手術が必要」という常識をくつがえす商品を紹介します。
「真性包茎専門ツルマキ」で販売されている「キトー君」です。

 

「キトー君」の登場により、自分で真性包茎を克服することができるようになりました。
しかも、全く自然な形で亀頭が露出するのです。
仮性包茎グッズは沢山ありますが、「真性包茎対応のグッズ」は、世界にたった一つ「キトー君」しかありません。もちろん特許取得済み商品です。

 

「キトー君」は日本国内はもちろんのこと、世界中で販売され認められています。
成功率は実に99%を越え、その信頼性の高さは、「全額返金制度」「手術代保証制度」というサービスを可能にしています。
すなわち、ほぼ間違いなく成功するので「返金」や「手術代金を保証」ケースがほとんど無いのです。
(失敗した場合はもちろん、全額返金、手術代保証されます)

 

もし、あなたが包茎手術を考えているのなら、まず「キトー君」を試してみるべきです。
そして、万が一失敗したら包茎手術の代金を請求してしまえば良いでしょう。
あなたにとって、全くリスクが無いはずです。

 

 

さて、キトー君のメリットをまとめてみましょう。
○身体面
・体にメスを入れないので、後遺症の心配が無ない
・性感帯を切り取られずにすむ
・薬を飲まなくてもよい
・ひどい痛みに苦しまなくてすむ
・みにくい傷口に悩まされずにすむ

 

○精神面
・看護婦さんに見られる心配がない
・郵便局止めで商品を受け取れるので、家族に知られる心配がない
・非常に低価格なので、お金の心配をしなくてすむ

 

○生活面
・入浴やトイレ、運動、オナニーなどの制限が全くない
・通院の必要が無い
・2週間という短期間で終了する
・亀頭が露出すれば、その日からセックスができる

 

○充実したサービス
・変化が無かった場合、全額返金してもらえる
・更に、包茎手術の代金を保証してもらえる

 

→キトー君の購入はこちら

 

 

包茎手術の価格

 

 

包茎手術にはいくらかかるのか?
このことを知っておけばかなりお金を節約できます。

 

たまに悪質なクリニックでは、包茎手術に100万円以上の
手術代を要求するところもあります。
一般的に良心的なクリニックでは、9万円〜20万円の間です。

 

まだ、学割を適用しているクリニックもあります。

 

包茎手術を受ける前に、必ず値段を確認しましょう。
こういう手術は性病などと同様、ダークなイメージがあり、
医者の前だとどうしても弱気になってしまいますが、手術の値段がおかしいと
思ったら必ず毅然とした態度で自分のいいぶんを言いましょう。

 

なお、包茎手術の前に、見積もりをしてもらうのもいい方法です。

 

なお、ご参考までに、とある大手クリニックの包茎手術関係の費用を調べました。

 

包茎手術157,500〜
特別手術(包茎)210,000〜
一部修正手術52,500〜
修正再手術241,500〜
カリ増大法手術126,000〜
亀頭強化・早漏防止法126,000〜
包茎手術以外の手術も考えている方はご参考ください。

 

 

包茎治療の種類

 

 

 

 

 

包茎治療には包茎を直す以外にもいろんな種類があります。

 

 

以下は大手クリニックの包茎手術関係の費用です。

 

包茎手術157,500〜
特別手術(包茎)210,000〜
一部修正手術52,500〜
修正再手術241,500〜
カリ増大法手術126,000〜
亀頭強化・早漏防止法126,000〜

 

一般的には包茎だけを治療する方が多いですが、
金銭的に余裕があれば付加的な包茎治療を行うことをオススメします。

 

なぜならば付加的な包茎治療は大変自分自身に対して自信をつけることができるからです。

 

包茎治療の種類はいろいろありますが、亀頭強化・早漏防止はできればうけたほうがいいでしょう。
というのも、包茎であれば、早漏になりやすいのです。
たとえ包茎手術をしても、早漏がすぐに直るはずもなく、短期的な自信回復はなかなか望めません。

 

少々高くても、どうせなら包茎治療と一緒に早漏を直しておいたほうがいいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

トップへ戻る